株式投資から日本人が学ぶべきこと
*
ホーム > 現金化 > 電子マネーでの換金のポイントと落とし穴

電子マネーでの換金のポイントと落とし穴

クレジットカードの現金化の際に、電子マネーが大変便利です、 

使用目的が問題となることのあるクレジットカードとは異なり、自由に商品を購入することができるからです。

クレジットカードには、カード会社の審査と管理がありますが、電子マネーにはそれもありません。

クレジットカードの現金化ということで考えるのであれば、これほどの利点はないでしょう。

 

問題となるのは、チャージがクレジットカードによってできるものが限定されているということです。

何でもできるわけではないため、限られた手段となってしまいます。

ですが、それさえ乗り越えることができるのであれば、かなり有効なのです。

 

電子マネーで購入した商品はどう扱えばいいのかも重要になってきます。

どんなところで換金するのかによっても、利便性には大きな違いとなってしまうでしょう。

そこで、ポイントとなるのが、電子マネーで購入した商品を返品してしまうのです。

この方法をとることにより、還元率が100%になるのですから、とても重要になってきます。

しかし、いいことばかりではないということも知らなければいけません。

それが、店舗によっては、電子マネーでの返品になってしまうところでしょう。

これでは現金化できませんし、手間だけがかかってしまいますから、マイナスになってしまうのです。

返品できないようなものがあったりしますので、それも注意が必要でしょう。

確実にクレジットカードの現金化をするという点では、キャッシュバック付き商品に比べてリスクが高い方法になるのです。

 

参考サイト:http://www.get-cash.link/


タグ :