株式投資から日本人が学ぶべきこと
*
ホーム > 健康 > 老化は筋肉の減少から始まる!

老化は筋肉の減少から始まる!

人間として生きている以上、老化を免れることは絶対にできません。

ですが、誰もが「いつまでも若くいたい・・・」と願い、多くの人がアンチエイジングに惜しみなく時間とお金をつぎ込んでいます。

そんな老化は、筋肉の衰えと共に始まるともいわれています。

人の体の中にある筋肉は、骨を正しい位置に支えて動かすためにサポートし、体全体のバランスを保っています。

しかし、これと言った運動を何もせずに過ごしていると、30歳を過ぎた頃から徐々に筋肉は衰え、50歳代に入った頃には衰えが目立ち始めて筋肉量はかなり減少してしまいます。

若い頃にしっかりと運動をして鍛えていた人でも、運動を止めた途端に、確実に筋肉量は減っていくのです。

筋肉量の低下は、体全体のバランスが崩れて正しい姿勢を保つことができなくなり、骨格も歪んできます。

筋肉のバランスが崩れると、弱った筋肉を他の筋肉がカバーしようとし始め、その力に引きずられるような形になって、骨格が歪んでしまうわけです。

特に女性は、骨盤が歪むことで、さまざまな弊害が現れてきます。

体の歪みは、自律神経のバランスを崩し、内臓の機能や代謝機能も低下して、見た目の衰えだけでなく、内面までもが衰えてしまうことになります。

そして、最も大きな影響が、基礎代謝量の低下です。

基礎代謝量の低下は、1日あたりの総消費エネルギーの減少につながり、太りやすい体に変わってしまうということです。

さらに、日頃の活動にも悪影響を与えます。

健康と美容の情報ステーション

始めは歩くと疲れる程度の状態だったものが、筋肉の衰えとともに気付かないうちに、すり足で歩くようになり、ちょっとした段差でも転倒しやすくなってしまい、最悪は骨折して寝たきりになってしまうという恐れもあります。

ハードな運動をする必要はありませんが、普段の生活の中で、筋肉を意識して積極的に体を動かすようにするだけでも、ある程度、筋肉の衰えを防ぎ、老化の始まりを遅らせることができます。